• ホーム
  • 暮らし
  • 防災・安心・安全
  • 健康・福祉・子育て・介護
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・企業誘致
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉・子育て・介護 > 福祉 > 新型コロナウイルス感染症の影響による一時的な資金の緊急貸付について

ここから本文です。

更新日:2022年9月12日

新型コロナウイルス感染症の影響による一時的な資金の緊急貸付について

各都道府県社会福祉協議会では、低所得世帯に対して、生活費等の必要な資金の貸付け等を行う生活福祉資金貸付制度を実施しています。

本制度につき、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、貸付の対象世帯を低所得世帯以外に拡大し、休業や失業等により生活資金でお悩みの方々に向けた緊急小口資金等の特例貸付の受付が下記のように延長されています。

(1)緊急小口資金、総合支援資金(初回貸付)の受付期間は令和4年9月末で終了します。

(2)総合支援資金(再貸付)の受付期間を令和4年9月末で終了します。

(3)再貸付終了後の令和4年1月以降は、緊急小口資金及び総合支援資金(初回貸付)を借り終えた一定の生活困窮世帯も、新型コロナウイルス感染症自立支援金の対象とします。

(4)令和5年1月末までに償還期間が到来する予定の貸付については、据置期間を令和4年12月末まで延長する。

特例貸付の具体的な内容は下記リンクをご確認ください。

また、貸付限度額に達しているもしくは、再貸付が不承認となった方への支援策として、「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を令和4年12月末まで受付いたします。

  ・生活困窮者自立支援金について(PDF:710KB)

具体的な内容のお問合せや貸付のご相談

お問い合わせ先

いちき串木野市社会福祉協議会(いちき串木野市新生町183番地)

TEL:0996-32-3183

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?