• ホーム
  • 暮らし
  • 防災・安心・安全
  • 健康・福祉・子育て・介護
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・企業誘致
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 年金 > 保険料の免除制度

ここから本文です。

更新日:2016年7月1日

保険料の免除制度

国民年金には申請免除制度があります!

国民年金には,経済的な理由等で保険料を納めることが困難な方のために,保険料の納付(全額又はその一部)が免除される制度があります。
※平成26年4月から、保険料の納付期限から2年を経過していない期間(申請時点から2年1ヶ月前までの期間)について、遡って免除等を申請できるようになりました。(学生納付特例も同様です。)

申請免除のメリットって?

メリット1

保険料を一部納付したのと同じ

免除期間の年金額の計算は,保険料が納付された場合と比較して2分の1
(平成21年3月分までは3分の1)となります。

 

老齢基礎年金額の計算に

全額免除

2分の1として計算

4分の3免除

8分の5として計算

半額免除

4分の3として計算

4分の1免除

8分の7として計算

一部免除は残りを納付していることが必要です。

メリット2

万が一の際にも確かな補償

万が一,病気や事故で障害が残ったときの障害年金や,一家の働き手が亡くなったときの遺族年金など,免除承認期間については支給対象の期間とされます。

手続はどうするの?

免除の申請は,いちき串木野市に住民票のある方は串木野庁舎市民課又は市来庁舎市民課へ「国民年金保険料免除申請書」を提出してください。申請書は串木野庁舎市民課又は市来庁舎市民課及び川内年金事務所にあります。
なお,本人・配偶者・世帯主の所得が,法に定める基準以上の場合は対象となりません。

手続に必要なもの

  1. 年金手帳または基礎年金番号がわかるもの(納付書等)
  2. 認印(申請者ご本人が署名する場合は不要)

追納のおすすめ

国民年金には追納という制度があります。これは,10年以内なら免除を受けた期間の保険料を納めることができるというものです。追納をしますと,将来もらう老齢基礎年金の金額に算入されます。
また,免除が承認された期間の翌年度から起算して3年度目以降は,当時の保険料に加算金がつきますので,お早めにされることをおすすめします。

国民年金には学生納付特例制度があります!

第1号被保険者の方で大学・短大・各種専門学校等の学生は、本人の前年所得が一定額以下の場合、申請に基づき納付を要しない期間とされます。
納付特例期間は年金を受けるための資格期間には算入されますが、老齢基礎年金額の計算に反映されません。
※学生納付特例制度の対象とならない学校もあります。

免除したときのメリットって?

メリット1

万が一の際にも確かな補償

万が一,病気や事故で障害が残ったときの障害年金や,一家の働き手が亡くなったときの遺族年金など,免除承認期間については支給対象の期間とされます。

メリット2

本人所得のみで審査

通常の免除申請であれば本人,配偶者,世帯主の所得が審査の対象となりますが,学生の場合,本人の所得だけで審査を行います。

手続はどうするの?

免除の申請は,いちき串木野市に住民票のある方は串木野庁舎市民課又は、市来庁舎市民課へ「国民年金保険料学生納付特例申請書」を提出してください。申請書は串木野庁舎市民課又は、市来庁舎市民課及び川内年金事務所にあります。

手続に必要なもの

  1. 年金手帳または基礎年金番号がわかるもの(納付書等)
  2. 認印(申請者ご本人が署名する場合は不要)
  3. 在学していることを確認できる在学証明書(原本)又は学生証の写し

追納のおすすめ

国民年金には追納という制度があります。これは,10年以内なら免除を受けた期間の保険料を納めることができるというものです。
学生納付猶予制度を申請された期間は,各種基礎年金の資格期間には算入されますが,年金額には算入されません。
追納をしますと,将来もらう老齢基礎年金の金額に算入されます。
また,免除が承認された期間の翌年度から起算して3年度目以降は,当時の保険料に加算金がつきますので,お早めにされることをおすすめします。

国民年金には退職(失業)による特例免除制度があります!

失業されて国民年金保険料を納めることが困難な場合,特例で免除される制度があります。

特例免除のメリットって?

メリット1

保険料を一部納付したのと同じ

免除期間の年金額の計算は,保険料が納付された場合と比較して2分の1(平成21年3月分までは3分の1)となります。

メリット2

万が一の際にも確かな補償

万が一,病気や事故で障害が残ったときの障害年金や,一家の働き手が亡くなったときの遺族年金など,免除承認期間については支給対象の期間とされます。

メリット3

本人所得を除外して審査

通常の免除申請であれば本人,配偶者,世帯主の所得が審査の対象となりますが,特例免除では本人の所得を除外して審査を行います。(配偶者,世帯主に一定以上の所得があるときは免除が認められない場合がございますのでご了承ください。)

手続はどうするの?

特例免除は,申請する年度又は前年度において退職(失業)の事実がある場合に対象となります。免除の申請は,いちき串木野市に住民票のある方は串木野庁舎市民課又は市来庁舎市民課へ「国民年金保険料免除申請書」を提出してください。申請書は、串木野庁舎市民課又は市来庁舎市民課及び川内年金事務所にあります。

手続に必要なもの

  1. 年金手帳または基礎年金番号がわかるもの(納付書等)
  2. 認印(申請者ご本人が署名する場合は不要)
  3. 失業していることを確認できる公的機関の証明書の写し(離職票や雇用保険受給資格者証等)

追納のおすすめ

国民年金には追納という制度があります。これは,10年以内なら免除を受けた期間の保険料を納めることができるというものです。追納をしますと,将来もらう老齢基礎年金の金額に算入されます。
また,免除が承認された期間の翌年度から起算して3年度目以降は,当時の保険料に加算金がつきますので,お早めにされることをおすすめします。

国民年金には納付猶予制度があります!

学生でない50歳未満の方が,失業中などの理由で所得がない(少ない)ときに,保険料の納付を猶予する制度です。(平成28年7月分から50歳未満の方が対象になりました。平成28年6月分までは30歳未満の方が対象になります。)

納付猶予のメリットって?

メリット1

万が一の際にも確かな補償

万が一,病気や事故で障害が残ったときの障害年金や,一家の働き手が亡くなったときの遺族年金など,免除承認期間については支給対象の期間とされます。

メリット2

本人・配偶者の所得のみで審査

通常の免除申請であれば本人,配偶者,世帯主の所得が審査の対象となりますが,納付猶予の場合,世帯主の所得は除外して審査を行います。

手続はどうするの?

免除の申請は,いちき串木野市に住民票のある方は、串木野庁舎市民課又は市来庁舎市民課へ「国民年金保険料免除申請書」を提出してください。申請書は串木野庁舎市民課又は市来庁舎市民課及び川内年金事務所にあります。
なお,本人と配偶者の所得が,法に定める基準以上の場合は対象となりません。

手続に必要なもの

  1. 年金手帳または基礎年金番号がわかるもの(納付書等)
  2. 認印(申請者ご本人が署名する場合は不要)
  3. 申請年度の所得状況が本市で確認できない場合は,前住所地が発行する所得証明書(本人・配偶者について)。

追納のおすすめ

国民年金には追納という制度があります。これは,10年以内なら免除を受けた期間の保険料を納めることができるというものです。
納付猶予制度を申請された期間は,各種基礎年金の資格期間には算入されますが,年金額には算入されません。
追納をしますと,将来もらう老齢基礎年金の金額に算入されます。
また,免除が承認された期間の翌年度から起算して3年度目以降は,当時の保険料に加算金がつきますので,お早めにされることをおすすめします。

国民年金には法定免除制度があります!

第1号被保険者の方が,次のいずれかに該当したときは,届出をすることで保険料の納付が免除されます。なお,免除に該当する場合でも保険料の納付を続けることができます。

  • 障害基礎年金,障害厚生年金または障害共済年金(1・2級に限る)を受け取っているとき。
  • 生活保護法による生活扶助を受けているとき。
  • 国立脊髄療養所,国立保養所その他厚生労働大臣が指定する施設に入っているとき。

法定免除のメリットって?

メリット1

保険料を一部納付したのと同じ

免除期間の年金額の計算は,保険料が納付された場合と比較して2分の1
(平成21年3月分までは3分の1)となります。

メリット2

受給資格期間に算入

法定免除を受けた期間は,各種基礎年金の受給資格期間に算入されます。

メリット3

本人所得を除外して審査

通常の免除申請であれば本人,配偶者,世帯主の所得が審査の対象となりますが,法定免除では所得状況を審査しません。

手続はどうするの?

免除の申請は,いちき串木野市に住民票のある方は、串木野庁舎市民課又は市来庁舎市民課へ「国民年金保険料免除事由(該当・消滅)届」を提出してください。申請書は、串木野庁舎市民課又は市来庁舎市民課及び川内年金事務所にあります。

手続に必要なもの

  1. 年金手帳または基礎年金番号がわかるもの(納付書等)
  2. 認印(申請者ご本人が署名する場合は不要)
  3. 障害基礎年金証書又は生活保護受給決定通知書等

お問い合わせ

いちき串木野市役所市民課市民相談係

〒896-8601 鹿児島県いちき串木野市昭和通133番地1

電話:0996-33-5612

ファクス:0996-33-3300

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?