• ホーム
  • 暮らし
  • 防災・安心・安全
  • 健康・福祉・子育て・介護
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・企業誘致
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2014年12月9日

まぐろ

まぐろとは?

まぐろ(鮪)は、鯖科のまぐろ属の硬骨魚の総称。クロマグロ・ミナミマグロ・メバチ・キハダ・ビンナガマグロなどの類。また、その一種。体長3メートル、体重400キログラム以上に達するものもいる外洋性の回遊魚で、背面青黒色腹面灰白色。幼魚の体側には腹背の方向に淡色の帯がある。肉は暗赤色で、特に冬に美味。成長の度合いによりメジ・シビ・マグロなどと呼ぶ。
まぐろは眠っていても泳ぎ続けなければ死んでしまう魚と言われ、常に泳ぎつづけている。泳ぎのスピードは時速60キロメートルと考えられている。

ミナミマグロ

体長2m

オーストラリア・ニュージーランド・南アフリカ沖(ケープタウン)の低水温の海域でとれる。脂が乗っていることから高級マグロとして寿司屋、料亭でよく使われている。また、インドマグロとも呼ばれている。

クロマグロ

体長3m

大西洋・地中海・日本近海でとれ、特に日本近海のものは、昔から親しまれてきた。又、本マグロとも呼ばれている。

メバチマグロ

体長2m

赤道をはさんで南北の緯度約35度にわたる広い範囲でとれる。漁獲量の一番多いマグロで目玉が大きくぱっちりとしていることから目鉢マグロと呼ばれている。

キハダマグロ

体長1.5m

メバチマグロとほぼ同じ漁場でとれる。体形がスマートなのが特徴で赤みのあっさりとした味わいが楽しめる。肌が黄色いことからキハダマグロと呼ばれている。

ビンナガマグロ

体長1m

世界中の海に広く分布し、大回遊する小型のマグロ。長い刃状の胸びれが特徴で油漬けの缶詰の原料になる。また、トンボマグロとも呼ばれている。

クロカワカジキ

体長3m

インド洋・太平洋の熱帯から亜熱帯地域に広く分布し、体全体が黒か紫色をおびている。肉は白っぽくて美味である。

まぐろの料理

まぐろの刺身

刺身や寿司のネタのほか、しょうが焼き、茶漬け、まぐろ丼、まぐろのハンバーグなどいろいろな料理が楽しめます。
特にまぐろ丼は、まだ少し凍ったままのまぐろの切り身を適当な大きさに切り、海苔やワサビと一緒に温かいご飯にのせ、醤油や特製のタレをかけて食べる醍醐味のある料理です。

取扱店

遠洋まぐろ延縄(はえなわ)漁業延縄とは?

まぐろ漁船

この漁法は、枝縄部の釣り針にイカ、アジ、サンマなどの餌をつけ、一条の幹縄に適当な間隔(40~50m)をおいてスナップで留めて海中に投下する方式で、いわば規模の大きい釣りといえます。
一条の幹縄には、2000~3000本の枝縄(釣り針)がついており、幹縄の延長は100~150kmにも及びます。
漁は、一日に一回、4~5時間かけて投縄(漁具の設置)し、その後最初の投縄地点に戻り、約10時間かけて揚縄(漁具の巻き上げ)を行い、魚を取り込んでいきます。1回の漁でかかっているマグロは、0~30匹くらいです。
日本の遠洋まぐろ延縄漁船では、釣り上げたマグロを船上ですぐに血抜き、えら・内臓の除去などの処置をし、摂氏マイナス60度の超低温冷凍庫に入れ、完全に凍結させ、陸揚げまでの間保存されます。この冷凍技術の発達により肉質が変化することなく、遠い海で捕れたマグロを刺し身として皆さんの食卓に届けられるようになりました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

いちき串木野市役所水産商工課水産港湾係

〒896-8601 鹿児島県いちき串木野市昭和通133番地1

電話:0996-33-5637

ファクス:0996-32-3124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?