• ホーム
  • 暮らし
  • 防災・安心・安全
  • 健康・福祉・子育て・介護
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・企業誘致
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2017年1月16日

特別徴収について

前回(平成27年4月1日~平成29年3月31日)の物品調達等入札参加資格申請から「特別徴収事業所であること」が要件に加わっています。

個人住民税の特別徴収制度は、地方税法や各市町村の条例で定められており、所得税を源泉徴収している従業員がいる場合は、特別徴収することが義務付けられています。(地方税法321条の4参照)
いちき串木野市は、法令遵守の観点から、この個人住民税特別徴収を推進しており、平成27・28年度の入札参加資格審査申請から、給与所得者に係る個人住民税の特別徴収を実施していることを要件に加えました。そのため、入札参加資格申請の際には個人住民税特別徴収実施確認書(以下「実施確認書」という。)の提出が必要になります。

既に特別徴収事業者である場合

実施確認書に、特別徴収を実施していることがわかる書類(領収証書、特別徴収税額決定通知書の写しなど)を添付してください。書類の添付ができない場合は、実施確認書に税務課の確認印を受けてください。

確認書様式(エクセル:18KB)(PDF:33KB)

特別徴収未実施である場合

所得税の源泉徴収義務がある事業者は特別徴収への切り替え手続きが必要です。
税務課で特別徴収の手続き後、実施確認書に確認印を受けてください。
(特別徴収依頼書の提出には代表者の印鑑が必要です。)

特別徴収義務がありながら実施していない事業所で、普通徴収から特別徴収への切り替えが間に合わない等やむを得ない場合は、別紙誓約書を提出して下さい。
なお、誓約による申請は1回だけの特別措置です。次回の入札参加資格時に特別徴収義務がありながら実施していない場合は、申請することができません。

誓約書書式(エクセル:12KB)(PDF:48KB)

平成29・30年度物品調達等入札参加資格審査申請申請期間

平成29年2月15日~平成29年3月14日

登録期間

平成29年4月1日~平成31年3月31日

貴事業者がどのケースに該当するか、別図(PDF:187KB)によりご判断ください。

お問合せ先

特別徴収に関すること

税務課市民税係Tel:0996-33-5616

入札参加資格審査申請に関すること

財政課契約管財係Tel:0996-33-5629

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?