• ホーム
  • 暮らし
  • 防災・安心・安全
  • 健康・福祉・子育て・介護
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・企業誘致
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2022年4月27日

不妊治療費助成事業

令和4年4月から不妊治療保険適用されます。

窓口での負担額が治療費の3割になります。治療費が高額な場合月額上限(高額療養費制度)もあります。具体的な上限額や手続きはご加入の医療保険者(いちき串木野市国民健康保険に加入の方は健康増進課保険給付係)にお問い合わせください。

そのため、いちき串木野市では不妊に悩む夫婦に対して、令和4年4月1日から不妊治療に要する費用の一部を助成いたします。

1.助成対象者

  1. 申請日において夫婦のいずれかが市に連続して1年以上住所を有していること。
  2. 市税、市営住宅の家賃等、市が徴収すべき使用料等または保育料の滞納が無いこと。
  3. 夫婦とも公的医療保険に加入していること。

2.対象となる治療等

対象となる治療等

助成額

助成期間

体外受精

顕微授精

精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術

上記の治療に必要な検査

20万円

5年間

人工授精

タイミング療法

排卵誘発法

上記の治療に必要な検査

10万円

2年間

自己負担となる費用に2分の1を乗じた額とし、1子ごとの上限とします。

入院費、食事代等直接治療に関係しない費用は助成の対象ではありません。

3.申請期限

治療期間の末日から起算して3か月以内に申請してください。申請は複数回に分けて行うことができます。

4.申請方法

申請には次の書類が必要です。

  1. 特定不妊治療費助成事業申請書(様式第1号)(PDF:142KB)
  2. 不妊治療費助成事業受診等証明書(PDF:329KB)
  3. 不妊治療に要した領収書
  4. 振込口座を確認できる書類(通帳の写し)
  5. 公的医療保険の被保険者証の写し(夫婦とも必要)

夫婦別居の場合

  1. 法律婚の夫婦:戸籍謄本(続柄が明記されたもの)
  2. 事実婚の夫婦:事実婚であることの申立書(PDF:310KB)、双方の戸籍謄本(重婚でないことの確認)

治療費が高額な場合の月額上限(高額療養費制度)もあります。

具体的な上限額や手続は、ご加入の医療保険者(国民健康保険にご加入の方は、お住まいの市町村の担当窓口)にお問い合わせください。

5.申請窓口

子どもみらい課子育て健康係(串木野健康増進センター内)

6.経過措置について

国、県の不妊治療の保険適用の経過措置に基づき、本市でも年度をまたぐ1回の治療を助成対象とします。

7.不妊についての相談

8.お問い合わせ

子どもみらい課子育て健康係(串木野健康増進センター内)

相談日時

相談・面接:月曜日~金曜日(午前8時30分から午後5時15分)

来所の際は事前にご連絡ください。

連絡先

0996-24-8310/8311

場所

いちき串木野市新生町183-3

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

いちき串木野市役所子どもみらい課子育て健康係

〒896-0035 鹿児島県いちき串木野市新生町183番地3

電話:0996-24-8310

ファクス:0996-24-8312

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?