• ホーム
  • 暮らし
  • 防災・安心・安全
  • 健康・福祉・子育て・介護
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・企業誘致
  • 市政情報

ホーム > 防災・安全・安心 > 防災 > 施策・計画 > 国家石油地下備蓄基地

ここから本文です。

更新日:2015年7月1日

国家石油地下備蓄基地

日本で初めての国家石油地下備蓄基地

串木野国家石油地下備蓄基地は、国内で使われる石油のほとんどを輸入に頼っている日本で、その重要な石油を備蓄するための国家石油備蓄基地として誕生しました。この備蓄方式は、地下の岩盤に巨大なトンネルを掘り、そのトンネルをタンクとして石油を貯める方式で、1950年代にスウェーデンで開発され、その後世界に広まりました。
「水と油は混ざらない」これが地下石油備蓄の原理です。岩盤タンクのまわりにある地下水が、タンクの中の石油を閉じ込めているので、石油はもれることなく備蓄されているのです。

施設の概要
地下岩盤タンク (高さ22m・幅18m・長さ555m)×10基
備蓄容量 175万キロリットル(日本で使う約3日分の石油)

石油の重要性と地下備蓄のしくみについては、ちかび展示館で学習できます。

お問い合わせは、Tel:0996-32-4747ちかび展示館へ
休館日 毎週火・水曜日、年末年始(12月30日~1月3日)
開館時間 午前9時~午後5時(但し、入館は午後4時まで)
入館料金 無料
ホームページ http://www.chikabi.co.jp/kushikino.php(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

いちき串木野市役所政策課政策係

〒896-8601 鹿児島県いちき串木野市昭和通133番地1

電話:0996-33-5634

ファクス:0996-32-3124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?