• ホーム
  • 暮らし
  • 防災・安心・安全
  • 健康・福祉・子育て・介護
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・企業誘致
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 企業版ふるさと納税

ここから本文です。

更新日:2020年10月15日

企業版ふるさと納税

いちき串木野市では、市外に本社を置く企業の皆様からの寄附(企業版ふるさと納税)を受け、「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業」を実施し、人口減少の克服と地域活性化による地方創生を推進し、住んでよかったと思われるまち、住んでみたいと選ばれるまちの形成に向けて取り組みます。

企業版ふるさと納税とは

平成28年度税制改正において、企業版ふるさと納税制度(正式名称は「地方創生応援税制」)が創設されました。

企業版ふるさと納税制度とは、地方公共団体が取り組む地方創生事業(まち・ひと・しごと創生寄附活用事業)に対して民間企業の皆様が寄附を行った場合に、税制上の優遇措置が受けられる制度です。

企業版ふるさと納税として民間企業が寄附を行う場合、法人関係税について通常の損金算入措置に加え、税額控除の特例措置がなされます。

令和2年度の税制改正にて、これまで最大6割であった税の軽減効果が最大9割に引上がり、手続きが簡素化されるなど、大幅な見直しが実施されました。なお、税額控除の特例措置は、令和6年度までの期間となっています。

企業版ふるさと納税(人材派遣型)

寄附企業が、寄附した事業に取り組む人材も派遣し、事業の実施を支援する場合、人材の人件費相当額を含む寄附額の最大約9割に相当する税の軽減を受けることができるものです。

寄附の主な要件

自社の本社が所在する地方自治体への寄附については、本制度の対象となりません。この場合の本社とは、地方税法における「主たる事務所または事業所」です。

  • 寄附額の下限は10万円です。
  • 寄附の代償として経済的な利益を受け取ることは禁止されています。
  • 本制度の対象期間は令和2年度から令和6年度までです。
  • 地方創生応援税制に関する手引きやパンフレットは内閣府ホームページ(外部サイトへリンク)から入手できます。

寄附を募集する事業

現在、以下の事業に対する寄附を募集しています。

この事業以外にも、「いちき串木野市の事業を応援したい」、「いちき串木野市といっしょに取り組みたい」というものがございましたら、ご相談ください。企業の皆様と一緒に取り組む事業も含め、本市の地方創生に資する事業を検討させていただきます。

1.冠嶽芸術文化村構想推進事業

いちき串木野市の中山間地域にあり、霊峰冠嶽の山麓に位置する生福・冠岳地区は、観光・農産資源に恵まれているものの、市内でも特に高齢化率が高く、地域の担い手が減少している地域です。

そこで地域外に住む人たちをプロジェクトに巻き込み、冠嶽芸術文化村という地域ブランドの確立を図ることで、地域に暮らす人々が生きがいを持って心豊かに日々を暮らし、誇れる地域になることで、住み続けたいと思える地域の創出を目指します。
「地域映画」・「食」・「ツーリズム」・「閉校となる学校の再生」をテーマに、芸術や文化が持つ癒しや創造力という力と地域資源を掛け合わせ、「癒し」や「地域に稼ぐ力」を生み出し、無理なく持続できる地域づくりに取り組んでいます。

進行中のプロジェクトをとおして地域外に住む若者など関係人口も活動に加わりはじめ、新しい風が吹き始めています。

プロジェクトお問合せ

政策課政策係話0996-33-5634(直通)

冠岳小学校

令和3年3月で閉校となる冠岳小学校最後の運動会(令和2年10月)児童は7名。ほかの方は地域住民の皆様です。

スタートアップ会議

 

地域外からも若者が加わり、地域の高齢者と一緒にプロジェクトを話し合います。

 

第1回会議結果(JPG:273KB)

生福・冠岳地区の未来を語り、自分たちで小さく企画を始めることを目指す「よりみち会議」。生福・冠岳地区に思わず寄りたくなる、もうひとつの居場所づくりを目指します。

2.海外販路開拓支援事業

本市は、「食のまちづくり」を目指しています。海外販路拡大にチャレンジすることで地域の特産品が世界で通用することを示し、地元の中小食品企業が「やりがいのある」高付加価値型の地場産業として、また、若い世代の地域雇用創出につなげる既存産業のイノベーション化を図り、「地域経済イノベーションサイクル」につなげようとするものです。

具体的には、本市特産品の輸出振興を図るため、シンガポールで開催される「Food Japan」や香港で開催される「Food Expo」に本市の企業がブースを出展するにあたり、現地マーケットの需要に合わせた出展商品の選別、円滑なブースの運営に係る助言、現地バイヤーとのマッチング、さらに出展前後の効果的なバイヤー招致、販売イベントの企画・実施など継続的な輸出につながる支援を行います。

プロジェクトお問合せ

政策課企業立地係話0996-33-5628(直通)

海外における見本市

3.いちき串木野市まち・ひと・しごと創生推進計画事業

上記のほか、『いちき串木野市まち・ひと・しごと創生推進計画』に位置付けられる事業に対する寄附も、税額控除等、地方創生応援税制の対象になります。

いちき串木野市まち・ひと・しごと創生推進計画(以下「推進計画」と表記します)とは

いちき串木野市では、国の「総合戦略」における基本目標との関連を踏まえ、中長期的な施策として以下の3つの基本目標を掲げ、定住促進に重点を置いた“しごとづくり”に優先的に取り組んでいきます。また、地域における雇用創出の取組を確実に結びつけ、定住・移住を的確に支援するため、子育て環境の整備などの‘ひとづくり’と生活環境の整備などの快適で機能的な‘まちづくり’により、「まち・ひと・しごと」全体の好循環を実現し、地域経済の活性化や地域活力の向上を目指します。

推進計画の内容は「いちき串木野市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の内容を網羅したものになります

推進計画の3つの基本目標

1.産業振興による定住できる‘しごとづくり’

(1)地域資源を活用した産業全般の底上げ

  • 基幹産業の強化と新商品の開発、ブランド化の推進
  • 観光資源の磨き上げと観光商品の開発、交流人口拡大による観光産業の振興

(2)新産業・成長産業の創出

  • 地域経済の発展につながる企業誘致、成長産業の振興及び新産業の創出

(3)地域経済を担う人材確保と育成強化

  • 農林水産業の振興と担い手確保
  • 多様な就業環境の創出と幅広い人材の確保

西薩中核工業団地‗企業版ふるさと納税ポメロ収穫‗企業版ふるさと納税

2.子育て世代に選ばれ、将来を担う‘ひとづくり’

(1)結婚・妊娠・出産・子育て支援

  • 新たな出会いの支援
  • 子どもを産み育てる環境の充実

(2)教育の充実と人材育成

  • 特色を活かした教育の推進及び学習環境の充実
  • 次代を担う人材の育成

子供読み聞かせ‗企業版ふるさと納税PCスキル‗企業版ふるさと納税

3.時代にあった、誰もが生活しやすく、安心して暮らせる‘まちづくり’

(1)生活環境の整備

  • 市街地・周辺部を通じた居住環境の整備
  • 地域ネットワークの整備と地域間連携の推進による地域の活性化

(2)地域コミュニティの活性化と安心・安全なまちづくり

  • 共生・協働のまちづくりの推進
  • 安心・安全なまちづくり

(3)持続可能な環境エネルギー社会への転換と域内循環システムの形成

  • 再生可能エネルギーの効率的な利用促進

訓練‗企業版ふるさと納税

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

いちき串木野市役所政策課政策係

〒896-8601 鹿児島県いちき串木野市昭和通133番地1

電話:0996-33-5634

ファクス:0996-32-3124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?