• ホーム
  • 暮らし
  • 防災・安心・安全
  • 健康・福祉・子育て・介護
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・企業誘致
  • 市政情報

ここから本文です。

更新日:2020年10月15日

国際交流NEWS【令和2年度】

#2 ショーケース展示品がリニューアル❢❢ 

 この度、串木野庁舎1階ロビーにあります”国際交流ショーケース(常設)”の展示品をリニューアルいたしました。少しでも多くの方々に、サリナス市並びに姉妹都市交流に至るまでの歴史をお分かり頂けるよう、姉妹都市盟約締結に尽力された本市出身者のご紹介や移民政策時に発行された当時のパスポートなどを展示しております。ぜひこの機会に、ご覧いただけますと幸いです。

国際交流ショーケース

scall

※ショーケースは、串木野庁舎1階ロビー・ATM横の休憩スペースにございます※

aggrementpassport

【 展示品について 】

 ★ショーケースレイアウト(PDF:99KB)

 ★潟永 耕一氏(PDF:234KB)

 ★内田 善一郎氏(PDF:377KB)

#1 サリナス市派遣生体験談in2020

  新型コロナウイルス感染症の影響により、サリナス市への派遣中止の決定を受け今年は「本市の国際交流の歩みを振り返る年」と位置づけ、この機会に皆様へ国際交流NEWSをお届けしたいと思います。

第1回国際交流NEWSでは、姉妹都市・サリナス市への派遣についての体験談をご紹介致します。

第15回派遣生 宮路 祐実 さん

student1student'1

「一生に一度の思い出」  

  2018年の夏は一生忘れられないものになりました。

私は英語がとても好きというわけではなく、単にテストで点数が取れるという理由で得意でした。サリナスに応募したのもただ海外に行ってみたいと思ったからです。 最初の1週間は日本とは違うアメリカの文化に驚くしかありませんでした。何もかも大きくて、口が開きっぱなしでした。

サリナスでのホームステイでは、最初は上手くコミュニティケーションが取れず自分のスピーキング力のなさを悔やみました。やはり学校で習う英語と日常英語は違い、それは実際に現地に行かないと知る由もなかった事です。しかしホストファミリーは親身になって言いたいことを理解しようとしてくれました。そのことが本当に嬉しく、更に英語を勉強しようと決心したきっかけになりました!またコミュニケーションの事以外にも数日過ごすことで文化や習慣を肌身で感じることができました。

この派遣から数年経って私は大学生になり、現在国際経営学を学んでいます。海外にもっと興味を持つようになったのは、サリナスへの派遣経験があったからです。私のように英語が得意でない人でも、一緒に行くメンバーやホストファミリーがサポートくれるのでぜひチャレンジしてほしいです!新しい扉が開くでしょう!!!

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

いちき串木野市役所政策課国際交流係

〒896-8601 鹿児島県いちき串木野市昭和通133番地1

電話:0996-33-5624

ファクス:0996-32-3124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?