• ホーム
  • 暮らし
  • 防災・安心・安全
  • 健康・福祉・子育て・介護
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・企業誘致
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 上下水道 > 水道 > 困ったときに > 水道に異常があるとき

ここから本文です。

更新日:2017年8月9日

水道に異常があるとき

1.水が出ないとき

配水管の工事(漏水修繕など)を行っている場合は、工事箇所の付近が断水になることがあります。断水を行う前には、広報車でお知らせします。詳しくは上下水道課にお問い合わせください。

工事による断水以外で水が出ない場合は、お客様の給水装置の故障が考えられます。
指定給水装置工事事業者に調査・修繕を依頼してください。

2.においがする

安全な飲料水を供給するために、水道水は塩素で消毒されています。このため、においが若干する場合があります。煮沸させるか、ふたをゆるくした容器に水を入れておくとにおいは消えます。

3.水が茶色っぽい

水道工事の後や家庭内の水道管が古くなっている場合などに、茶色っぽい水が出る時があります。これは、水道管内の鉄サビが流れ出したためで、しばらく流すときれいになります。(5分以上流してもきれいにならない場合は、上下水道課にご連絡ください。)

4.水が白っぽい

水の中に小さな気泡(空気)が入ったためにおこる現象です。容器等にとってしばらく放置すると消えます。

その他気になることがありましたら上下水道課にお問い合わせください。

お問い合わせ

いちき串木野市役所上下水道課上水工務係

〒899-2192 鹿児島県いちき串木野市湊町1丁目1番地

電話:0996-21-5156

ファクス:0996-21-5192

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?