• ホーム
  • 暮らし
  • 防災・安心・安全
  • 健康・福祉・子育て・介護
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・企業誘致
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 市議会 > 市議会の概要

ここから本文です。

更新日:2017年11月30日

市議会の概要

市議会と市長

たちのまちを住みよいまちにしていくためには、市民の意見が市政に反映され、実行していくことが理想な住民自治です。しかし、市民すべてが集まり話し合うことは実際できません。そこで、市民の声が十分市政に反映されるように、代表者(市議会議員、市長)を選挙によって選び、その代表者に市政の運営を委ねています。

議会は、予算や条例などについて審議し、市としての意思を決めていくことから、市議会を「議決機関」といい、市長は、市議会で決まったことを実際に推進していくため「執行機関」といいます。

議会と市長は、独立・対等な立場で、お互いに市政を考え協力し合いながら、市民生活の向上に努めています。

市議会のしくみ

〔定例会〕

例会は、年4回(通常3月、6月、9月、12月)開かれます。

〔臨時会〕

時会は、特定の事項について審議する必要があるとき、随時開かれます。

〔議会運営委員会〕

会運営委員会は、議会が円滑に運営できるよう、会期や議案・請願及び陳情等の取扱いなど議会運営について協議し、意見調整をはかります。

〔常任委員会〕

会で取り扱う議案は数が多く、内容も幅広い分野にわたることから、いくつかの常任委員会を設け、効率的・専門的に審査します。

いちき串木野市議会には、2つの常任委員会があります。

  • 総務文教委員会
  • 産業厚生委員会

〔特別委員会〕

別委員会は、必要に応じて、特定の事項の調査や審査をするために設置されます。

 

市議会の権限

方自治法に議会の権限が定められています。主な権限は、次のとおりです。

〔議決権〕

のような案件を審査し、その賛成、反対を決定します。市長は賛成の決定がないとそれを実行できません。

  • 条例の制定・改廃
  • 予算の決定、決算の認定
  • 大規模な工事や高額な物品の購入等の重要な契約の締結

〔選挙権〕

長・副議長、選挙管理委員会委員などを選挙します。

〔同意権〕

長から提案された副市長や教育長、監査委員などの選任や任命について、同意するかどうかを決定します。

〔請願及び陳情の審査・調査〕

民から提出された請願及び陳情を審査・調査し、市政に反映させるよう努めます。

〔意見書提出権〕

の公益に関することについて、議会の意思を意見書にまとめ、国・県などに提出します。

〔検査権・調査権〕

会で決めたとおりに市が仕事をしているか、検査・調査します。

市議会の仕事

議会は、市長や議員から提出された議案などを審議して、それに対する意思を議決機関として決定します。これを「議決」といいます。

決には、予算や条例など団体としての「いちき串木野市」の意思を決めるものと、意見書や決議など市議会の機関意思を決めるものとがあります。

決すべき主なものは、地方自治法第96条により次のとおりに定められています。

  • 市の条例の制定、改正、廃止
  • 予算の決定、決算の認定
  • 市の税金、使用料、手数料等に関すること
  • 条例で定める契約の締結、財産の取得又は処分に関すること
  • 副市長、教育長、監査委員等の選任に同意すること
  • その他、法律や政令及び条例により市議会の権限とされること

議会基本条例

本条例は、議会及び議員に関する基本的事項を定め、市民に市政の情報を広く公開し、また、

市民参加を基本に、躍動みなぎる「いちき串木野市」の実現に寄与することを目的として制定。

○いちき串木野市議会基本条例(PDF:226KB)

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

いちき串木野市役所議会事務局 

〒896-8601 鹿児島県いちき串木野市昭和通133番地1

電話:0996-33-5648

ファクス:0996-32-3124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?