• ホーム
  • 暮らし
  • 防災・安心・安全
  • 健康・福祉・子育て・介護
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・企業誘致
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 戸籍・住民の手続き > 住民票とマイナンバーカードへの旧氏(旧姓)の併記について

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

住民票とマイナンバーカードへの旧氏(旧姓)の併記について

住民票、マイナンバーカード等に旧氏(きゅううじ)を併記できるようになりました。社会において旧姓を使用しながら活動する女性が増加している中、様々な活動の場面で旧姓を使用しやすくするものです。これにより、婚姻等で氏(うじ)に変更があった場合でも、従来称してきた氏をマイナンバーカード等に併記し、公証することができるようになるため、旧氏を契約など様々な場面で活用することや、就職や職場等での身分証明に資することができるものと考えられます。

詳細につきましては、下記の関連リンクを参照いただくか、串木野庁舎市民生活課(☎33-5611)、市来庁舎市民課(☎21-5111)へお問い合わせください。

旧氏(旧姓)とは?

  • 「旧氏(旧姓)」とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。
  • 氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。
  • 旧氏が複数ある場合でも、併記できるのは一つです。

お問い合わせ

いちき串木野市役所市民生活課市民係

〒896-8601 鹿児島県いちき串木野市昭和通133番地1

電話:0996-33-5611

ファクス:0996-33-3300

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?