• ホーム
  • 暮らし
  • 防災・安心・安全
  • 健康・福祉・子育て・介護
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・企業誘致
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度) > 個人番号通知書について(通知カードの廃止について)

ここから本文です。

更新日:2021年5月14日

個人番号通知書について(通知カードの廃止について)

個人番号通知書とは

個人番号通知書

個人番号通知書とは住民のひとりひとりにマイナンバー(個人番号)を通知するものです。書面には「氏名」「生年月日」と「マイナンバー(個人番号)」等が記載されています。

※個人番号通知書は「マイナンバーを証明する書類」や「身分証明書」として利用することはできません。

個人番号通知書は令和2年5月25日以降、住民票に登録されてから2~3週間程度で簡易書留にてご自宅に届きます。

詳しくは、こちらのHPでご確認ください。(外部サイトへリンク)

 

 

通知カードの廃止について

法律の改正により、通知カードは令和2年5月25日に廃止されました。

廃止後は、通知カードの記載事項(住所、氏名等)の変更手続きおよび再発行はできません

通知カードが廃止となっても、通知カードの記載事項(住所、氏名等)が住民票の記載事項と一致している場合は、マイナンバーを証明する書類として引き続きご利用いただけます。また、通知カード廃止後もこれまでどおりマイナンバーカードの申請を行うことができます。

 

マイナンバーの確認方法

通知カードまたは個人番号通知書がお手元になく、マイナンバーの確認が必要な場合は、マイナンバーを記載した住民票を申請いただくか、マイナンバーカードの申請を行っていただくことになります。 ただし、マイナンバーカードの交付まで約1か月かかりますのでご注意ください。

マイナンバーカードの申請方法はこちら(外部サイトへリンク)

 

 

お問い合わせ

いちき串木野市役所市民生活課市民係

〒896-8601 鹿児島県いちき串木野市昭和通133番地1

電話:0996-33-5611

ファクス:0996-33-3300

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?