• ホーム
  • 暮らし
  • 防災・安心・安全
  • 健康・福祉・子育て・介護
  • 教育・文化・スポーツ
  • 産業・企業誘致
  • 市政情報

ホーム > 産業・企業誘致 > 商工振興関係 > セーフティネット保証制度

ここから本文です。

更新日:2020年6月3日

セーフティネット保証制度

概要

セーフティネット保証制度とは、取引先企業の倒産、取引金融機関の破綻、自然災害などにより経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金の供給の円滑化を図るため信用保証協会が一般の保証枠とは別枠で保証を行う制度です。

この保証制度を利用するためには、中小企業信用保険法第2条第5項第1号~8号に規定する「特定中小企業者」として、本店(個人事業主の方は主たる事業所、法人の場合は法人登記の住所)所在地の市町村において認定を受けることが必要です。詳細につきましては、お問い合わせください。
(※市町村の認定は、融資を確約するものではありません。融資に際しては金融機関と信用保証協会の審査があります。)

(注)新型コロナウィルス感染症に起因する4号、5号、危機関連の認定申請書はページ下部にございます。

新型コロナウイルス感染症対策

先般発生しました新型コロナウイルス感染症により影響を受けている事業者への資金繰り支援措置として、現在セーフティネット保証4号、5号の認定事務を行っています。

また危機関連保証が発動(令和2年3月13日)されましたので、認定事務を開始しました。

この措置の開始に合わせ、創業1年未満の事業者等であって、新型コロナウイルス感染症の影響により、経営の安定に支障をきたしている創業者等も利用できるように、認定基準について運用の緩和をいたします。

セーフティネット保証4号

中小企業信用保険法第2条第5項第4号に基づき、突発的な災害等により売上高等が減少している中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で保証(100%保証)を行う制度です。

令和2年2月18日より、先般発生した新型コロナウイルス感染症により影響を受けている事業者への資金繰り支援措置として、セーフティネット保証4号が全国47都道府県へ発動されました。

【指定期間】令和2年2月18日~令和2年6月1日

また認定を受けた事業者は県制度の「セーフティネット対応資金」(外部サイトへリンク)などを利用できます。

対象の事業者

  1. いちき串木野市において1年間以上継続して事業を行っていること(運用緩和あり)
  2. 新型コロナウィルス感染症の影響を受けたあと、原則として最近1か月の売上高等が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること

セーフティネット保証5号

中小企業信用保険法第2条第5項第5号に基づき、全国的に業況の悪化している業種に属することにより、経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で保証(80%保証)を行う制度です。

また令和2年5月1日から令和3年1月31日まで新型コロナウイルス感染症に係るセーフティネット保証5号の対象業種が一部例外業種を除く全業種となりました。詳しくは下記をご覧ください。

対象の事業者

  • いちき串木野市において1年間以上継続して事業を行っていること(運用緩和あり)
  • 指定業種に属する事業を行っており、最近3か月間の売上高等が前年同期比で5%以上減少していること(時限的な運用緩和として、2月以降直近3か月の売上高が算出可能となるまでは、直近の売上高等の減少と売上高見込みを含む3か月間の売上高等の減少でも可)

(例)2月の売上高等実績+3月、4月の売上高等見込み

危機関連保証

中小企業信用保険法第2条第6項に基づき、内外の金融秩序の混乱その他の事象が突発的に生じたため我が国の中小企業にかかる著しい信用の収縮が全国的に生じていると経済産業大臣が認める場合において、経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会が通常の保証限度額およびセーフティネット保証による保証枠とは別枠で保証(100%保証)を行う制度です。

【令和2年3月13日】危機関連保証発動

対象の事業者

  • いちき串木野市において1年間以上継続して事業を行っていること(運用緩和あり)

次のいずれにも該当する事業者が対象となります。

  • 金融取引に支障を来しており、金融取引の正常化を図るために資金調達を必要としていること。
  • 新型コロナウィルス感染症に起因して、原則として、最近1か月間の売上高等が前年同月比で15%以上減少しており、かつ、その後の2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同月比で15%以上減少することが見込まれること。

各制度認定申請から融資の流れ

  1. 市水産商工課へ認定申請(金融機関等による代理申請の場合は、委任状が必要)
  2. 認定書の発行(発行までに数日かかります)
  3. 認定書を持って、金融機関へ融資の申し込み
  4. 融資実行

市の認定とは別に、金融機関及び信用保証協会による金融上の審査があります。

各制度申請書等様式

金融機関及び信用保証協会による金融上の審査にてその他必要書類があります。

関連リンク

その他金融支援等については、経済産業省における新型コロナウイルスに関連した感染症対策情報を下記のリンクからご確認ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

いちき串木野市役所水産商工課商工係

〒896-8601 鹿児島県いちき串木野市昭和通133番地1

電話:0996-33-5638

ファクス:0996-32-3124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?